deleteCロゴ
がんを治せる病気にする日を、1日でも早く手繰り寄せるためのプロジェクト’deleteC(デリートシー)’。このプロジェクトのロゴ・コミュニケーション全体のアートディレクション・デザインを担当しています。海外で使われている100種以上のがんの特効薬が、日本では認められておらず、使用できない状況にあります。その現実を一日でも早く打破するために、自身もがんを発症し、自らの体験を通じて ‘がんをデザイン’ をすることに取り組む中島ナオさんを中心に2019年2月4日に発足。例えば、企業は、企業名やサービス名からCancer(がん)の頭文字である ‘C’ の文字を消したり、‘deleteC’ のロゴをつけてカラーをマゼンダに色に染めて、商品などを制作・販売する。個人は、身の回りの ‘C’ を消すアクションを拡散したり、‘C’ を消したプロダクトやサービスを購入・利用することで、売上の一部ががん研究に寄付される。誰もが気軽に参加でき、みんなで治療研究を応援していける仕組みです。多くの人々に関心を持って前向きに捉えてもらいたいと考え、軽やかなトーンで、‘Cを消す’ というアクションをロゴ化しました。中島ナオさんの直筆から起こした‘消すライン’ 。がんを消すのは、人の強い意志と力。そんな想いを託しています。多くの人にこのアクション、また、deleteCの活動が広まることを願っています。 cd / ad: 徳田祐司  ad / d: 社領 亨  d: 平野晴子  pr: 北川武司  df: canaria
deleteC CCレモン
deleteC イベント
deleteC 募金箱